江戸川区で相続・登記のお手続きなら

ピクシス司法書士・行政書士事務所

〒134-0091 東京都江戸川区船堀1丁目4番10-201号

船堀駅から 徒歩4分
無料相談 受付中!!

お気軽にお問合せください

0120-20-7888
03-5605-3311

将来に備えた話し合いはお早めに

 将来の認知症リスクや、亡くなった後の相続に備えて、家族で話をしてみませんか?

 江戸川家の夫婦(A男・B子)と司法書士事務所に勤める息子(H介)の会話を通じて、元気な今のうちにできる準備について考えてみましょう。

はじめに

 

 医療技術の進歩した現代では、90歳、100歳を超えて長生きすることも珍しくなくなってきました。長寿化の進む一方で、個人差はありますが、加齢に伴い、法律上の判断能力が低下したり、会話や文書によるコミュニケーションが以前より難しくなってしまう場合もあります。

 厚生労働省の「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」によると、2025年には、日本国内で認知症の患者は約700万人(約5人に1人)にのぼると推計されています。

 また、高齢者に限らず、不慮の事故や突然の病気で、財産の所有者が若くして亡くなられるケースもあります。

 家族が集まる機会には、万一のことがあった場合に自分の財産をどうしたいのか、希望を話し合っておく必要があるかもしれません。

 

…とは言っても、いきなり財産の話を切り出すのは難しいですよね。

いきなり遺言や相続の話題に触れるのではなく、本人や親族の現在の生活の話から始めると、少しはスムーズかもしれません。

 

ここでは、江戸川家の夫婦・A男とB子と、司法書士事務所に勤める息子・H介との会話を覗いてみましょう。

江戸川家とその親戚

 

江戸川家とその親戚

江戸川家とその親戚<※架空の設定です>

江戸川家の夫婦(A男・B子)と司法書士事務所に勤める息子(H介)との会話

江戸川家
母・B子

最近、お義兄さんのC男さんが入院したって聞いたけど本当?

 

 

 

江戸川家
父・
A男

ああ、本人と話したけど、「今回はすぐに退院できるから、そんなに心配しなくて良い」と言っていたよ。

しかし、C男兄さんもこれまで何度か大きい病気をしているからな。。。

母・B子

C男さん夫婦には子供さんがいないから、面倒を見れるのはD子さんだけだと思うけど、大丈夫かしら。

 

父・A男

C男兄さん歳を取ってきたしな。。。

あまり考えたくはないけど…万一、いまC男兄さんが亡くなったら、遺産相続は大丈夫だろうか。

 

H介、お前こういう関係に詳しかったよな。

江戸川家
二男・H介

えっと。。。、C男おじさんが亡くなった場合の相続か。。。

 

。。。まずはもちろん、D子おばさんが配偶者として相続人となるんだけど、兄弟姉妹も相続人になるよ。

C男おじさん達は子供がいなくてじいちゃん・ばあちゃんも既に他界しているからね。

 

江戸川家とその親戚

江戸川家とその親戚<※架空の設定です>

父・A男

兄妹ってことは俺も相続人になるのか。

もう一人の兄は5年前に亡くなっているんだがその場合はどうなるんだ。。。?

二男・H介

相続人となるべき兄妹が先に亡くなっている場合は、その子供、いわゆる甥(おい)や姪(めい)が相続権を引継ぐよ。

これを「代襲相続」(だいしゅうそうぞく)と言うんだ。

父・A男

さすが法律的な仕事をしているだけあって詳しいな。

 

。。。そうなると、亡くなった兄貴の娘さんも相続人になるということか。

あそこの娘さんは、ここのところ家族でも連絡がつかない状態らしい。

母・B子

そう言われてみれば、10年以上顔を見ていないね。

いざという時に、ハンコを貰ったりできるのかしら。。。?

 

父・A男

あと、俺たち兄妹の中でも、妹は最近、認知症の症状が出てきているみたいだな。。。

 

母・B子

なんだか、相続手続きが大変になりそうね。。。

 

 

二男・H介

確かに、遺産分割はスムーズにできなさそうだね。

家庭裁判所で代理人を立てたり、許可を得たり、色々と手続きが面倒になるかもしれない。

父・A男

そうなると奥さんのD子さんも高齢だし、そんな複雑な手続き、一人じゃできないだろう。

C男兄さんが亡くなった後で心理的にもかなりの負担だな。

H介、そうなった場合にD子さんをサポートしてくれるか?

二男・H介

もちろん。

でも、C男おじさんの場合は、今のうちに「妻・D子へ全財産相続させる」という趣旨の遺言書を書いておけば、面倒なことにはならないと思うよ。

母・B子

でも、前に本で読んだけど、遺言書で全財産を貰っても、他の相続人から「遺留分」っていうのを主張されたら、お金を払わないといけないんでしょ?

変に揉めたりしないかしら。

二男・H介

いや、兄弟姉妹が相続人の場合には、遺留分は無いんだ。

なので、C男おじさんの場合は、遺留分を気にせずに遺言書でD子おばさんへ全財産相続させることができるね。

父・A男

俺は遺留分があっても、そもそもD子さんへ請求なんてしないぞ。

C男兄さんの遺産なんて期待していないし、奥さんのD子さんが相続してくれればそれで良い。

母・B子

ふふ。

別にあなたを疑っている訳じゃありませんよ。

 

二男・H介

あと、C男おじさんに遺言書を作って貰った方が、父さんにとっても楽になるよ。

遺産分割のために実印を捺したり、印鑑証明書を取得したりしなくて良くなるからね。

遺言執行者を定めておけば、認知症のおばさんや、連絡のつかない従姉妹(いとこ)から協力して貰えなくても財産承継手続きを進めていくことができるよ。

父・A男

そうなのか。

それなら、遺言書があれば、D子さんは安心だな。

今度、C男兄さんに遺言書を真剣に考えるよう言っておくか。

母・B子

ところで、遺言書を残さずに亡くなってしまった場合、相続人の中に認知症が進行してしまった人がいると相続手続きができなくなってしまうの?

二男・H介

そのような人のために、家庭裁判所に申立てをして「成年後見制度」を利用することができるよ。

成年後見人」という代理人が、自分で判断することの難しい本人に代わって遺産分割を進める事ができるようになるんだ。

父・A男

成年後見制度か。。。

妹にも関係してきそうだし、覚えておかないといけないな。

母・B子

ウチ(江戸川家)は家族仲いいから、何も準備しなくて大丈夫よね?

 

こんな話をしていたら何だか不安になって来ちゃった。

 

父・A男

俺が死んだ後の話かー。

勘弁してくれよ、と言いたいが、ちゃんと考えないとだよなぁ。

 

この自宅は、同居してくれている長男のF介が相続すると思っているんだが、

それは長女のG子にも以前から伝えているし、H介もそれで良いだろ?

二男・H介

うん。

自分はもう家を買っているし、実家は兄貴(F介)が相続すると良いよ。

父・A男

じゃあ、別に揉めることは無さそうだな。

 

母・B子

でも、G子の旦那さん、お金に細かい人だから「遺産の自宅を売って、法律の割合どおり他の兄妹にも分けろ」とか言ってきたら困るね。

 

G子、旦那さんの意見に反対できないみたいだし。。。

二男・H介

確かに、G子が「ハンコを捺さない」とか言い出すと、やっかいなことになるね。。。

 

遺産分割でF介が自宅を相続するためにはG子も含めた相続人全員実印を捺す必要があるんだ

 

母・B子

そんなことになったらと考えるだけでうんざり。。。

 

 

父・A男

俺達が死んだ後も、3人仲良くして欲しいな。

 

俺も、後で子供達が揉めないように遺言書を作っておいた方が良いかなぁ。

 

二男・H介

父さんは遺言を書くとしたら、自分の財産をどう相続させたいの?

 

父・A男

やはりこの自宅は、長男F介に相続させるかな。

 

俺が死んでも、自宅でしっかり母さんの面倒を見てくれるだろうし、F介が相続してくれることが、俺にとっても一番安心だ。

 

俺の財産の大半を渡すことになるが、F介の家族が同居してくれて、かなり助けられているからな。

母・B子

私としても、F介夫婦や孫がずっと一緒に住んでくれたら嬉しいわ。

 

 

二男・H介

(母さんに配偶者居住権を指定することもできるようになるけど、ウチには必要なさそうだな。相続税もかからなそうだし。)

父・A男

F介に自宅を相続させる代わり、銀行の預貯金は、母さん、G子、H介の3人に残すようにするか。

あ、H介には新居の購入費用を援助した分、お前の分は減らしても大丈夫か?。

二男・H介

自分はそれでまったく問題ないよ。

でも、G子姉さんや旦那さんは、不動産をF介だけが相続することに納得しないかもしれないから、その父さんの想いを、遺言書の“付言(ふげん)”として残した方が良いかも。

G子には遺留分もあるし、変に揉めないようにしないとね。

父・A男

“付言(ふげん)”。。。

遺言書に家族へのメッセージを含めることもできるのか。

G子にちゃんと俺の想いが伝わるよう、遺言書を作る場合は、含めておいた方が良いな。

二男・H介

ところで、今の時代、遺言書を書いただけでは、今後も安心とは言い切れないからね。

 

母・B子

えっ、そうなの?

 

 

二男・H介

父さんはまだまだしっかりしているけど、将来『認知症になってしまうリスク』もしっかりと考えないといけないよ。

 

父・A男

認知症になってしまうリスク?

あまり考えたことが無かったな。

 

 

二男・H介

遺言は死亡によって効力が発生するので、亡くなった後の財産承継は対応できるけど、認知症になってしまってから亡くなるまでの期間については、カバーできないんだ。

 

父・A男

そうなのか。

認知症になってしまうと具体的にはどうなってしまうんだ?

二男・H介

認知症になってしまうと、財産が凍結されてしまうんだよ。

父さんが亡くなるまでの間」、預貯金は引き出せないし、不動産は、売ったり貸したりすることもできないし。。。

母・B子

そのときは妻である私が代わりに手続きできないの?

 

 

二男・H介

夫婦だとしても法律的には別人だから、不動産取引や、銀行窓口の手続きなどは難しいね。

父さんに「判断能力が無い」となると、母さんに頼むための「委任」をすることもできないと言うことだから。

最近は、親族の不正や、問題となったときに責任追及されることを避けて、どこの機関も本人確認がどんどん厳しくなっているよ。

父・A男

それは困るかもな。。。

今の時代、認知症は他人事ではないからな。

何か財産凍結に対応する良い方法はないのか?

二男・H介

いざというときは、さっき言った成年後見制度を使うこともできるけど、色々と制約も多いんだよね。

今から準備するのであれば、ウチの司法書士事務所では『家族信託』をお勧めしているよ。

父さんがしっかり判断できる時期に契約をすれば、『家族信託』の仕組みを使用して、生存中の認知症にも備えた、自由度が高く負担も少ない財産管理を準備することができるんだ。

 

母・B子

今までの話をまとめると、

死後の財産の行き先について指定するのが遺言書で、

今は元気だけど将来の認知症リスクに備えたい方が利用するのが、家族信託

既に認知症などになってしまい、判断能力が不十分な方が利用できるのが、成年後見制度

ってことで良いのかしら?

二男・H介

イメージとしては、そのような感じだね。

詳細は、リンク先を見るといいよ。

但し、個別の事情によりメリットやデメリットがあるので、気軽に司法書士に相談してね。

父・A男

また近いうちに、F介とG子も呼んで、将来のことを一度家族で話し合ってみよう。

おわりに

 

 江戸川家の夫婦と息子の会話は、いかがだったでしょうか。

 各ご家庭で様々なご事情がありますので、上記はあくまで一例ですが、家族が病気になったり、亡くなってからではなく、「まだ元気だしちょっと早いかな」と思うくらいのタイミングで、話し合いの場を持っておくのがよいですね。

よろしければ是非、参考にしてみて下さい。

当事務所のサービスのご紹介

戸籍集め・遺産分割・登記まで当事務所がまとめてサポート

借金を相続しないために…

ご依頼いただいた皆様からの ご意見を紹介しています

お問合せはこちら

問い合わせを受けている女性の写真

江戸川区の司法書士・行政書士ならピクシスへ。

0120-20-7888

03-5605-3311

お電話の受付 : 平日9時〜18時

インターネットからのお問合せはこちら

インターネットの受付: いつでも(24時間)受付

【主な取扱業務】

 ・相続相談・遺産承継(遺産整理・相続放棄・遺産分割)

 ・相続・認知症リスク対策(家族信託・遺言書作成・成年後見)

 ・不動産登記(名義変更(相続・贈与・売買)・抵当権抹消)

 ・会社登記(会社設立・役員変更・本店移転)

 地元江戸川区や都営 新宿線沿線船堀・東大島・篠崎・一之江・瑞江・本八幡・大島~)の方をはじめ、江東区・市川市・墨田区・葛飾区・浦安市の方などから広くお問合せ・ご利用いただいております。相続や登記のお悩み、ご相談は船堀駅から徒歩4分のピクシスへ。

サイドメニュー

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-20-7888

また、フォームによるお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

住所

〒134-0091
東京都江戸川区船堀1丁目4番10-201号

船堀駅から徒歩4分